®RealBarcaハテナ(゜◇゜)⤴

●®RealBarcaハテナ(゜◇゜)⤴です。

ハンドルレディ研究所180515

▼▼▼
●2018年6/15(金)23:29
『ハンドルレディ研究所は「人間を始め、バイク・車・飛行機・・・全ての物は、顔の向く方向に進むことが望ましい。」とする『FaceOn走法理論の確立』を宣言させて頂きます。この理論は、これを信じて実行する全ての人や物が何人の許可無く無料で自由に使用することが出来るもので有ります。』
多くの人々の生活の
支えの一つとして
認識されることを願います。
(゜◇゜)
▲▲▲
◆◆◆◆◆◆◆◆◆
®Realbarca(゜◇゜)⤴
【★ハンドルレディ研究所★】
180515
◆◆◆◆◆◆◆◆◆
皆様お疲れ様です。
ハンドルレディ研究所です。
(゜◇゜)
●「ハンドルレディ
FaceOn走法」
▼▼▼
▼▼
 
さて、
先日お知らせ致しました
FaceOn走法理論
ですが、
大切なことは、
バイクでは無く
自分の目で
走る道を
見つめる
ことです。
(゜◇゜)
 
意外と
難しいのです。
 
つまり
右に
カーブする場合、バイクの真ん中にいてはいけないのです。
バイクの真ん中にいると
右に曲がるためには、
バイクを右に
「傾ける」
ことが必要になるのです。
 
しかし
ハンドルを左にどけて、右に曲がる道を首を右に出して見て下さい。
バイクは傾きません。
これが
大切なことです。
 
自分の顔が
ハンドルの左右に
出ることにより
身体の体重移動が起こるために
極端な言い方をすれば、
バイクを垂直にしたままで
カーブを曲がることが出来る・・・
のです。
 
バランスを崩さないで
タイヤ面積を
最大に使って、
あなたは
カーブをクリアします。
これが
「FaceOn走法理論」
というわけ。
あとは
実践あるのみ
です。
(゜◇゜)
 
®Realbarcelona(゜◇゜)⤴  つづく。