Handlelady(゜◇゜)⤴Hatena

Handlelady(゜◇゜)⤴ofLaboratoryです。

ハンドルレディ研究所

◆◆◆
®Realbarca(゜◇゜)⤴
「ハンドルレディ研究所」
◆◆
●ハンドルレディを正しく理解
することは大切です。
◆ 
(注意)ハンドルレディはフィクションであり、
現実のものではありません。
あなたが
「ハンドルレディマスター」に
なるための
「仮想応募ブログラムレディ」ですので、他の目的には
使用できません。
●自己責任で
ご覧くださいませ。
(_ _)
●あなたが
良き「ハンドルレディマスター」
に成られることを
願っています。
●ハンドルレディと一緒に
身体の謎を
解明する旅
に出かけましょう。
(゜◇゜)
「『ハンドルレディ』からの試験」
『ハンドルレディ907』
『ハンドルレディ803』
上の2人のハンドルレディたち、
いくつに見えますか。
『ハンドルレディ907タイプ』
『ハンドルレディ803タイプ』
人間でいうと
それぞれ
90歳と80歳
「お婆ちゃんレディ」
ということに
なります。
でも
彼女たちには、
世の中の邪悪なもの
に対する
強くて熱い情熱
が有ります。
彼女たちを支えているものは
40歳以下の未熟な
レディたちにも
優るもので、
決して衰えない
愛と情熱
なのです。
 
★子どもを産んでも、
責任を果たせない
大人たや
★子どもがいない人たちを見下して
「子どもを産んだから
人間が出来た」
などと
自分の苦労を盾に、
恵まれない人々をさげすむ大人たちを
戒めるのです。
「苦労」と
「人間としての成長」は
別物である
と「ハンドルレディ研究所」
は考えます。
子どもを産んだら
人間が出来る、
ならこんなにかんたんなことは有りません。
もう一度言います。
「苦労と成長は別物です。」
『子どもを産んだら、
より人間として成長することが
望ましい』
のです。
 
子どもがいても
罪を犯す人はたくさんいます。
子どもがいるからこそ、
罪を犯す人も居ます。
「子どもを産んだ」
ことは、
「2,000本安打」や
「200勝利」
とは違います。
子どもを産むことは「免罪符」
をもらうことでは
有りません。
ましてや
産んだ以上
育てることは、
当然の義務。
当たり前のこと。
 
育てる自信や
環境が、期待出来ないならば、
あえて「産まない勇気」
も必要なこと
ではないでしょうか。
 
大人のエゴよりも
産まれてくる
子どもの
人権や
将来の幸せ
こそ
「責任ある大人たち」が
まず考えないといけない
ことだと思います。
そして、永遠に
子どもたちのお手本でなければいけないのです。
(゜◇゜)